メール配信の結果を調べる方法

マーケティング成果を上げるメール配信サービス

オンプレミスでメール配信をするよりもクラウド型のメール配信サービスを使うのがいいでしょう。メール配信に特化したサービスで一度に大量のメールを送ることができる、メールを使ってマーケティングを行えるので使い勝手が優れています。たとえば配信したメールがいつ開封されたのか、いくら開封されたのかを把握できる仕様です。URLは何回クリックされたのかもチェックできるため分析を行えるのが特徴となっています。
開封率やクリック率をチェックできれば、どこがだめだったのかを知る事が可能で次回メール配信時に改善も行えるのがメリットです。またメールから商品を購入したのかもチェックできる仕様となっているので配信効果を確認したいときに役立つでしょう。

開封率の詳細について

実際にメールを送り開封されたかどうかの判定はどう決まっているのでしょうか。一般的にメールの開封を測定するときにはいくつかの条件があります。受信した側がメールを開封してHTMLメールの画像を表示させると開封判定されてる仕組みです。ただし画像ブロックが行っている場合は判定されないので注意しておくといいでしょう。
プレビュー機能を搭載したメールソフトを使っている場合は実際に開封していなくてもプレビュー機能が作動していれば判定されます。メール受信BOXのプレビュー機能でちらっと中身を確認しただけでもいい仕様となっています。基本的にHTMLメールのみが開封率に影響するので文字だけのメールだとマーケティングに使うことはできないです。
一部のモバイル端末ではプレーンテキストのみのメールしか使えない場合があるのでカウントされません。

多くの人にメールを同時に配信できる事を、メール配信のサービスといいます。やり方はPCにソフトを入れて行う方法と、クラウド型、メルマガ配信スタンドといった形で異なるのが特徴です。